松下 誠の
   バナー
    −「投資に失敗しない7つの法則」−

松下 誠の想い

ようこそ当HPへお越しくださいました。
投資家(トレーダー)の力になるよう頑張りますので
今後ともよろしくお願いします。


最初に一言だけ私の想いを聞いてください。

私は3年前にこの世界に出会いました。
なぜこの世界に入ったのかというと、とにかく当時は経済的な自由を得るために
給料以外の収入が欲しかったのです。
しかし何も知らずに飛び込んだ世界、当然結果はひどいものでした。
今当時のトレードを思い出すとまさに鴨がねぎを背負ってマーケットにせっせせっせと
お金を運んでいるようなものでした。

そうはいっても自分にとっては大切なお金です。
懸命に分析し、勉強し取引しているつもりでした。
それでも資金は減るばかり、私を信じてくれている妻が
必死の思いで貯めておいてくれたお金が毎日目減りしていきます。

自分でも精神的につらかったですが、私以上につらかったのは
妻の方だったと思います、
悲しい思い、つらい思いをさせ続けました。


それでも私は諦めなかった、いいえ諦められなかった。
私たち夫婦の大切なお金と時間を使って得るものが何もない、
ということには我慢ができなかった。
何かここからつかんでやる、絶対に失ったものを取り返してやると
思いながら毎日を過ごしていました。

当時は会社員でしたので営業活動の間に電話で値動きを確かめ注文を出し、
夜遅く帰宅した後で相場を分析するという毎日でした。
それでも利益は出ませんせした。
そして気がついてみるとほぼ1年間で私たちの全て、
金額にして1,500万円を失っていました。

先物の会社の口座にある預け入れ証拠金は16万円、
今その時の精神状態は思い出せませんが、
それでも希望を捨ててはいませんでした。
そして運命のトレードに出会います。



それは9月の初めでした。
取引できるのは一銘柄一枚のみ、そしてその時私が選んだのは
「小豆の売り」でした。
このトレードは本当に衝撃的でした。
なにせもう後がありません、いいえ後がないどころか
この取引に利益が出たって何の足しにもならないのです。
少し市場から撤退するのが先になるだけがせいぜいです。

しかし違ったんです。

取引二日目に利益を生み始めたポジションは
かつて経験したこともない利益の伸びを見せたんです。
そうこれが私が始めて“トレンド”を身をもって体感した瞬間でした。
しかもこの取引は同時に私にモチベーションを再び与えてくれ、
そしてもう一つ大事なこと
“ポジションのコントロール”について教えてくれました。


それからは徐々に運用成績が向上しました。
自分の思う通りのトレードを行うには程遠いですが、それでも確実に
前に進んでいける、そういうトレードに変わっていきました。
そして私はマーケットを愛するようになりました。


そして私は自分の人生を自分でコントロールするということを思うようになりました。

マーケットは人が作ります。言えばマーケットは人そのものです。
欲、楽しみ、悲しみ、怒り、パニック、平穏様々なものを包含しています、
そのような気持ちに立ってマーケットに臨んだときに
私はマーケットを私のライフワークとすることに決めました。
「この世界で人の役に立てるようになろう」
それが3年後に私が到達した分岐点です。

私はここまで来るのに3年という時間と1,500万円以上の
資金その他にも多くのものを失いました、
しかし今後得られるものを考えるとそれはほんの些細なものだったのかも知れません。

今日ここに来ていただいた皆さんには私と同じ苦労はしていただきたくない、
そのことをお伝えするだけでも私の存在意義があると思いこうしてHPを立ち上げました。

マーケットは注意すべきことを押さえて臨めば非常に学ぶことの多い場所です。。
皆さんご自身の幸せのためにご自分の一つの選択肢として
マーケットを選んでいただけたら私としてもこれ以上の喜びはありません。
私にできる事でしたらぜひ喜んでお手伝いさせていただきます。
自分で自分をもう一度振り返り新たな一歩を踏み出していただきたいと思います。


ホームページ開設にあたって
管理人松下誠の今の想いでした。