商品先物の世界とは
HOME > 商品先物の世界とは?


あなたは商品先物取引と聞いて、どんなイメージを持ちますか?


・危ない投資
・怖くて近づけない
・ものすごい損をしそう
・だまされそう
・お金がなくなりそう
・借金を抱えそう
・株より、さらにとんでもなく危ない




もう止めましょう。
書いているだけで暗くなりますので。

本当にそんな世界なんでしょうか?

実際に経験したことがありますか?
あるいは、周りに誰か経験した人がいますか?

松下はそんな世界に何も知らずに足を踏み入れました。
2001年11月のことです。

確かに大損をしました。
2年間で1,500万円を失いました、当時の全財産です。

そういう意味では、大変危険です。
実際に色々な問題があるのもよく知っています。

残念ながら人様の問題のことは分かりません。
でも松下自身の問題は分かっています。

なぜ、損をしたのでしょうか?
それは、松下自身に商品先物取引という投資に対する知識や
技術、精神といった、いわゆる必要とされる資質がなかったからです。

確かに危険で大ケガをしました。
怖くて、泣き出したいときもありました。
妻にも苦労をさせました。

でもそれは人のせいではありません。
松下自身の責任だったのです。

幸い、松下はそこで諦めませんでした。
そして知識を得て、技術をモノにし、精神を磨き、
その時利益を上げられるようになりました。

そうして商品先物取引は松下にとって楽しい世界に変わりました。


間違えないでください。
松下は、安易に商品先物取引を奨めるつもりはありません。
あっという間に損をしますし、損を抱えていると仕事も手に付かなくなります。

一日中値動きが気になり、そわそわ、イライラ。
健康的じゃないですし、第一精神衛生上良くありません。

そんな世界ですので、それが嫌だったり、気になる人は
絶対に手を出さないでください。

そうではなく、リスクに向き合い、自分をコントロールし、
その上で一資産運用の手段としてあるいは投資としてやってみたい、
という方には、リスクを踏まえた上でやってみられたら良いと思います。

そんな人で、本気で松下から何かを学んでみたい、と言われる方には
喜んで松下の持っているものは差し上げます。

充分投資として位置づけられる世界です。
全てはあなた次第です。
もし興味があれば、松下に声をかけてください。

「実は楽しいですよ」とお話します。



HOMEへ戻る