HOME > ワクワクする新しい可能性

 
全く新しいワクワクする可能性が見えてきたので、
ここに書かせていただきます。


松下誠は、いつか資金運用のプロになろうと、思っていました。
それは、投資家の資金を預かり、運用し、そして収益を上げて
報酬をいただくというファンドの運用でした。


しかし、今、新しい展開が見えました。
投資家が利益を享受すると同時に、その収益の一部を
私たちの社会の一部に回すという、還元型のファンドです。


投資家は利益を上げます。
そして同時に社会的に必要とされているところへ、
資金を投入します。


投資家は自分のために利益を上げる一方で、
社会のために活きた資金を提供することができます。


そしてその投資家と社会(環境)の両者の間に、
私たち、トレーダー(運用者)が入り、運用で利益を上げます。


形態としては、ファンドという形になるでしょう。
このファンドの存在目的は、

「投資家の利益を上げる」

「社会に資金を還元する」


これは決して、寄付でも慈善でもありません。
いわばビジネスの1つの可能性です。


ファンドそのものがその目的のために、組成されますので。



具体的に、今、松下誠が考えるものとして、
環境保護ファンドと子どもの教育ファンドを考えています。


松下誠はあくまでもトレーダーとして、お手伝いをします。
もちろん責任と誇りを持って、資金運用を行い、利益を上げます。


そして、投資家と社会に利益をお返しします。
私たちと子どもたち、そして社会と地球と未来のために、
トレーダーとして力になりたいと思います。


新しい投資の可能性が見えます。
ありがとうございます。


2007年9月20日 富士山を望みながら






HOMEへ戻る